東京都市圏交通計画協議会

パーソントリップ調査

活用方法と主な事例

パーソントリップ調査では、さまざまな集計をすることができます。

① 原単位関係

・出かけている人と出かけていない人の割合が分かります(外出率)
・1日あたりの平均的な移動回数が分かります(原単位)
・免許を持っている人の割合が分かります(免許保有率)


② 発生、集中交通量関係

・どこで、どのくらいの移動が発生しているのかが分かります(発生交通量)
・どこに、どのくらいの移動が集中しているのかが分かります(集中交通量)


③ 分布交通量関係

・どこからどこへ移動しているか分かります(分布交通量)


④ 端末交通関係

・鉄道利用者の駅まで手段が分かります
・バス利用者のバス停までの手段が分かります


⑤ 滞留人口関係

・どれだけの人が滞在しているのかが分かります(滞留人口)

パーソントリップ調査では、様々な属性情報と組み合わせて集計することができます

① 世帯・個人属性

・免許を持たない高齢者の動き、子育て女性の動きなどを知ることができます
・鉄道やバスをどのような人が利用しているかを知ることができます
・鉄道沿線に住んでいる人とそうでない人の動きの違いを知ることができます

<活用場面の一例>

・家族の送迎によって日常生活を過ごしている人がどこに住んでいるかが分かるため、高齢者の外出支援対策の候補地選定などに活用することができます

② 移動の目的
~国勢調査でわからない、買物、通院、送迎等の動きも把握できます~

・通勤、通学、買物、通院など移動の目的が分かります
・目的別に人が集まる場所とその場所を訪れる人の居住地分布が分かります
・通勤時に自動車を多く利用している地域が分かります
・若者が仕事帰りに買い物等で集まっている地域が分かります

<活用場面の一例>

・どんな目的で人が集まってきているのかが分かるため、都市計画マスタープランや立地適正化計画での拠点選定などに活用することができます

③ 移動の手段
~道路交通センサスや大都市交通センサスではわからない自転車・徒歩の動きも把握できます~

・短距離での自動車移動が多い地域が分かります
・学生の自転車通学が多い地域が分かります

<活用場面の一例>

・自動車の移動実態が分かるため、CO2排出量を算出することができ、低炭素まちづくり計画などで環境負荷が小さい都市構造の検討などに活用することができます

④ 移動の出発・到着時刻

・朝の通勤時間帯に移動している人と、職場や学校にいる人が分かります
・専業主婦と働いている女性の買物時間の違いが分かります
・お昼に中心市街地に集まっている人がどの程度いるかが分かります

<活用場面の一例>

・特定の時刻にどれだけの人がまちなかにいるのかが、居住地別に分かるため、地域防災計画や都市再生安全確保計画などの防災分野で帰宅困難者対策の検討に活用することができます

⑤ 出発・到着した施設種類

・病院を訪れる人の居住地分布が分かります
・事務所を訪れる人の交通手段が分かります

<活用場面の一例>

・施設の種類別にいつ、どのような人がどの程度集まっているかが分かるため、商業地・観光地分析に活用することができます

詳しい用語についてはこちら

協議会
協議会とは
主な活動内容
パーソントリップ調査
パーソントリップ調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
物資流動調査
物資流動調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
記者発表資料
広報
公表資料
ニューズレター
シンポジウム・市区町村説明会
PageTop