東京都市圏交通計画協議会

パーソントリップ調査

調査結果

第5回東京都市圏パーソントリップ調査の調査結果の代表例を示します。

1日の動き

・トリップ数は都市圏の人口増加に伴い、約7ポイント増加しています

・特に東京区部での増加が顕著に表れています


<都市圏居住者による総トリップ> 都市圏居住者による総トリップ


<地域別の発生集中量> 地域別の発生集中量

地域間の動き

・東京区部を発着地とするトリップが最も多くなっています

・なかでも東京多摩部、埼玉南部、横浜市、川崎市、千葉西北部間のトリップが大半を占めています


<地域間の総トリップ数> 地域間の動き

地域の移動手段の特徴

・東京区部や政令市などで鉄道の割合が増加し、自動車の割合が減少しています

・一方、都市圏の郊外部にあたる埼玉北部、千葉西南部、千葉東部、茨城南部などでは自動車の割合は増加しています


<地域別代表交通手段構成比> 地域の移動手段の特徴

通勤の実態

・東京区部、政令市へ通勤する人の多くは鉄道を利用しています。特に、東京区部では、通勤する人の8割が鉄道を利用しています

・一方「埼玉北部」「千葉西南部」「千葉東部」「茨城南部」といった地域では、自動車で通勤する人の割合が多く、特に「千葉東部」「茨城南部」では8割以上の人が自動車で通勤しています


<通勤先への代表交通手段の構成比> 通勤の実態

・東京都市圏の鉄道を利用した通勤トリップのうち、約半数が8時~9時に集中しています

・ただし、この10年間でこの割合は減少しており、8時以前の時間帯で増加しています


<鉄道利用者の着時間帯集中率> 鉄道利用者の着時間帯集中率

詳しい用語についてはこちら

協議会
協議会とは
主な活動内容
パーソントリップ調査
パーソントリップ調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
物資流動調査
物資流動調査とは
調査結果
活用方法と主な事例
記者発表資料
広報
公表資料
ニューズレター
シンポジウム・市区町村説明会
PageTop